成年後見・遺言サポートサイト
認知症などで判断能力が衰えた人を保護・支援する制度

法定後見制度

01. はじめに

このホームページでは、一般の方にもわかりやすいようなるべく難しい言葉を使わないよう心がけましたが、もし、わからない言葉がありましたら、用語集を参考にしてください。 このページでは法定成年後見制度について解説していきます。

お気軽にご相談ください

  • お電話・メールによるご相談は無料です。

    八重洲リーガル司法書士事務所
  • WEBからお問い合わせ
  • TEL:03-6228-6362TEL:03-6228-6362

    成年後見−遺言専用ダイヤル

02. 成年後見制度とは

ある人(以下「ご本人」といいます。)が認知症、知的障害、精神障害、病気や事後などによる脳機能障害などにより、判断能力が不十分になったときに、本人を法律的に保護し、支えるための平成12年4月より施行された制度です。
成年後見制度はご本人の自己決定権、意思を尊重し、身上配慮義務があり、ご本人の能力や保護の必要性に応じた柔軟で弾力的な利用が可能な制度です。
例えば、ご本人の預金の解約、福祉サービス契約の締結、遺産分割協議、不動産の売買等をする必要があっても、ご本人に判断する能力がなければ、そのような行為はできませんし、判断する能力が不十分な人が、そのような行為をお一人で行うと、不利益な結果を招くおそれがあります。そのような場合に、家庭裁判所が本人を援助する人を選び、その援助者が本人のために代わりなったり、一緒になって活動するという制度が成年後見制度です。

03. 成年後見制度は2種類

成年後見制度には法定後見制度と任意後見制度の2種類があります。

法定後見制度
判断力が衰えたひとを支援
ご本人の能力が衰えてから利用する制度で、状態により、後見・保佐・補助の3類型があります。

任意後見制度
判断力が衰えたひとを支援
本人が元気なうちにあらかじめ自分の判断能力が衰えた場合に備え、財産を管理してもらったり、介護その他の契約を結んでもらったりすることを信頼できる人に頼み、その内容を公正証書で頼んでおくという制度です。

04. 法定後見制度利用の
具体例

具体的には下記のようなケースの方が法定後見制度を利用しています。

case1
施設入所のためのお金を引き出すため認知症の父と一緒に銀行に行ったが、担当者の方との間できちんと受け答えができず、後見制度の利用を勧められた。
case2
脳系疾患で入院中である父の病院費用を捻出するため、父が所有する不動産を売却しようとした所、不動産会社の担当者から後見制度の利用を勧められた。
case3
一人暮らしの父の物忘れがひどくなり、必要のない高額商品を次々と買っている。
case4
認知症の父と同居している兄が父のお金を勝手に使っているようだ。
case5
亡くなった父の遺産分割協議をしたいが母が重度の認知症で話し合いができない。
case6
交通事故の後遺症で寝たきりの状態になり、本人は何も判断ができず、事故による保険金の受取ができない。

そもそも、なぜ手続きが
必要なのですか?

申立の相談を受ける際によくお客さまからよく「そもそも、なぜこのような手続きが必要なのですか?」という質問を頂きます。相談者の方は親族の方が多く、毎日、ご本人の介護や看病などで、それこそ大変な思いをされていると思います。できれば家庭裁判所の煩わしい手続きなどはしないで、動機となった不動産の売却や預貯金の解約をしたいという気持ちもよくわかります。


以降、わかり易くするため、父親(以下、「ご本人」)が認知症により判断能力が衰え、自宅での介護も限界近くなり、早急に施設入所のための費用としてご本人名義の不動産売却を検討している長男の方(以下、「相談者」といいます。)が相談に来られた事例で説明します。

事例でご紹介
(例:不動産の売却)

銀行での預金取引や不動産取引は本人確認が厳格化相談者の方は不動産の売却を依頼しようと不動産会社に行きました。 近年、銀行での預金取引や不動産取引については特に本人確認が厳格化されており、相談者は息子さんではありますが、売主本人ではありませんので当然にご本人のことを聞かれます。事情を説明したところ、不動産会社の担当の方からは「後見人選任の手続きが必要そうなので一度、専門家に相談したほうが良いですよ」と助言されます。


相談者の方は不動産の売却を依頼しようと不動産会社に行きました。近年、銀行での預金取引や不動産取引については特に本人確認が厳格化されており、相談者は息子さんではありますが、売主本人ではありませんので当然にご本人のことを聞かれます。事情を説明したところ、不動産会社の担当の方からは「後見人選任の手続きが必要そうなので一度、専門家に相談したほうが良いですよ」と助言されます。


話はそれますが、先程から出てくる「物事を判断する能力」とはどのような定義かといいますと不動産の売買などをする時に、それが自分に有利なのか不利なのか、適正か不適正かなどを判断するために必要な能力と言われています。
例えば不動産会社の担当者の方や所有権移転登記をする司法書士がご本人のもとに事前確認に行き、金3,000万円程度の価値はある不動産を「金1,000万円で買主さんが見つかりましたよ。来週に売買しますけど良いですか?」と尋ねたとします。
これに対し、ご本人が「はいわかりました」、「ありがとう」、「難しい事はわからない」、「息子に全て任していますので・・・」などのやり取りになってしまった場合、ご自分が所有されている不動産の価値について認識できていませんので程度はどうであれ、誰かの助けが必要と考えるべきでしょう。

「いつ」、「誰に」、「いくらで」程度の認識と理解は必要

いつ、誰に、いくらで程度の認識と理解は必要個人的見解ですが、不動産の売買などについては少なくとも「いつ」、「誰に」、「いくらで」、「どの不動産」を売却する程度の理解と「価格についての妥当性(相場より安いとか高いとか)」の認識と理解は必要と考えます。相談者の方に事務所に来所頂き手続きの概略を説明しますと多くの方は「父親のために不動産を売却するのに、このような手続きを踏まなければならないのですか?」とか「兄弟みんな同意しているのに駄目なのですか?」など話されます。


話は代わるのですが未成年者のうちは原則、両親が子供に代わって買い物(むずかしく言うところの売買契約)などをやってくれます。
これは慣習などではなく、民法に根拠とする規定があり親権者が法定代理人という立場を認められているものです。
しかし、ご相談の件では如何でしょう?確かに相談者の方はご本人からみて子供ですので将来、ご本人が亡くなった時には相続人になるかも知れない立場ではあります。しかし、子供という立場のみでご本人の判断能力が衰えたからといって未成年者の親のようにご本人の関与や意向なく、代わりに不動産売却や銀行から預貯金の引き出しなどが自由にできるのでしょうか?それはできません。


例えばご本人が健常な場合で頼まれもしないのに銀行に行って「子供なので定期の解約とお金の引き出しをしたい」といっても、できるはずがありません。なぜなら未成年者の親のようにれっきとした権限が無いからなのです。また、逆にその様な状況になってしまったご本人から不動産などを買う立場に立った人はどうでしょうか?
場合によっては、後から「当時、認知症でとてもそのような判断はできなかった」など主張されるかわからない極めて不安定な状況になってしまいます。極端な表現になってしまいますが、相談者が子供という立場のみのまま不動産の売却を進めますと、ご本人が所有している不動産を他人が勝手に売却してしまうのとなんら変わりがないのです。

法定後見制度はご本人の代理でほぼあらゆる行為ができる制度

法定後見制度は家庭裁判所の指導監督下で業務を行う相談者が家庭裁判所に申立てをして成年後見人に選任されたとしますと、法律で決まった父親の代理人という立場になり、未成年の親のようにご本人に代わりに、ご本人のために、ほぼあらゆる行為ができるようになるというのがこの制度です。


よく年齢を重ねると子供に戻るといいます。高齢者の方の判断能力には個人差が大きく、60歳代から認知症を発症する人もいれば、80歳近くの年齢で付き添いもなく一人で不動産などの売買を行うような方もいらっしゃいます。未成年者のように一律に何歳まで誰かの助けが必要であろうと明確に定義できないことから、個人的な見解ですが、ご本人や回りの方が手を挙げた人から「きちんとした代わりにやってくれる人を選任しましょう。」という制度と考えています。

雑談となりますが、当初、制度の利用を検討される相談者の方は、ご本人の施設入所や病院の費用を捻出するためなどの預貯金の引き出しや不動産の売却を動機とするものが圧倒的に多かったのですが、近年は「認知症の父と同居し父の預貯金を管理しているが、弟から勝手に父のお金を使っているのではないかと疑われたので・・・」や逆に「認知症の父親と同居している兄が父親のお金を勝手に使っているようなので家庭裁判所できちんとした人を選任してもらいたい」という動機の方もいらっしゃいます。なるほど最初の事例ですとお父さんのために良かれと思ってやっていることでも、弟さんからその様な目で見られ、後々トラブルとならないために、この制度を利用しようというものです。


手続きをしておけば家庭裁判所の指導監督下に置かれますので、適正に成年後見人としての業務をしていれば後々、弟さんからお父さんのお金を勝手に使ったとなど言われることはないでしょう。皆さんお悩みでいろいろな動機があるものだと感じました。

05. おわりに

平成12年4月にこの制度が施行されて当初は利用される方も少なかったのですが、近年の飛躍的利用者の増加に伴い、家庭裁判所の取扱いも当初のころからは、大きく変わってきました。本サイトも、なるべく最新の情報を提供できるよう努力します。
最後に本サイトが少しでもご覧いただいた方の助けになれば幸いです。

手続きのご相談・お問い合わせ
八重洲リーガル司法書士事務所
成年後見−遺言専用ダイヤル:
03-6228-636203-6228-6362
【平日】受付時間10〜19時