遺言の種類

代表的な遺言の種類を紹介させて頂きます。

  自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
費用 かかりません 公証人手数料が必要 16,000円~(財産の規模などにより加算されます。) 公証人手数料が必要 11,000円程度
秘密性 秘密にできます。 公証人と証人には内容を知られてしまいます。 秘密にできます。
家庭裁判所の検認 必要 不要 必要
保管方法 自分 公証人と自分 自分
作成方法
  • 本人の自筆で作成します。
  • 氏名・日付を書きます。
  • 捺印をします。
  • 遺言者が公証人の面前で口述などにより作成
  • 遺言書の記載内容を確認の上、遺言者と証人2名が署名、捺印します。
  • 遺言書に署名、捺印の上、封筒に入れ遺言書の印で封印します。
  • 遺言書の入った封筒を持参の上、公証人役場に行きます。
  • 公証人、本人、証人2名で署名、捺印します。
証人 不要 2名必要(適当な証人が見当たらない場合には,費用はかかりますが、公証役場で紹介してもらうことができます。) 2名必要(適当な証人が見当たらない場合には,費用はかかりますが、公証役場で紹介してもらうことができます。)
滅失・隠蔽の恐れ 高い 低い 高い
メリット
  • 一人で作成できます。
  • 費用がかかりません。
  • 検認の必要がありません。
  • 公証人の関与により、間違いない遺言を残すことができます。
  • 紛失や改ざんの恐れがありません。
  • 改ざんの心配はありません。
  • 内容は亡くなるまで誰にも秘密にできます。
デメリット
  • 紛失・滅失・改ざん・隠蔽の恐れがあり、また、場合によっては、誰にも発見されない恐れもあります。
  • 要式の不備などにより遺言書として使用できない場合もあります。
  • 家庭裁判所の検認作業により、ケースにより遺留分権利者に減殺の機会を与える場合があります。
  • 費用がかかります。
  • 公証人役場の関与が必要です。
  • 紛失の恐れがあり、また、場合によっては、誰にも発見されない恐れもあります。
  • 家庭裁判所の検認作業により、ケースにより遺留分権利者に減殺の機会を与える場合があります。
  • 公証人役場の関与が必要です。
  自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
代表的な遺言の種類
手続きのご相談・お問い合わせ
八重洲リーガル司法書士事務所
成年後見−遺言専用ダイヤル:
03-6228-636203-6228-6362
【平日】受付時間10〜19時